持続可能な開発目標と防災

,

イベント
場所
  • DATE / TIME :
    2015年2月12日    13:00 - 16:35
    場所 :
    神戸市

    2月12日(木)、持続可能な開発目標と防災と題したワークショップを神戸市にて開催します。

    2015年をもってミレニアム開発目標(MDGs)が期限を迎えるにあたり、ポスト2015年開発アジェンダや持続可能な開発目標(SDGs)をめぐる国際的な議論が高まっています。その中でも、都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする目標がSDGsの一つとして提案されるなど、持続可能な開発の観点からの防災(Disaster Risk Reduction)の必要性が一層増しています。

    そこで本ワークショップでは、3月の第3回国連防災世界会議を見据え、以下の点について、パネル・ディスカッションと会場全体によるインタラクティブ・セッションを行い、総合的な議論を深めることを目指します。

    1. SDGsと防災:ポスト兵庫行動計画枠組とポスト2015年開発目標の連関に関するグローバルな議論の行方
    2. 日本版SDGsの策定と実施:強靭な都市作りに向けたローカル/コミュニティ・レベルでの取り組みから、日本の持続可能な開発目標のあり方を考える

    本イベントは、日本語と英語の同時通訳があります。

    プログラム

    (受付:12:30~)

    13:00–13:05 開会挨拶
    蟹江憲史 (国連大学サステイナビリティ高等研究所 シニアリサーチフェロー、東京工業大学大学院社会理工学研究科 准教授、POST2015プロジェクト プロジェクトリーダー)

    13:05–14:35 セッション1: SDGsと防災に関するグローバルな議論の行方
    講演:

    • 井口正彦 (国連大学サステイナビリティ高等研究所リサーチアソシエイト)
    • ロバート・リンドナー (国連大学サステイナビリティ高等研究所リサーチアソシエイト)
    • アナ・クリスティーナ・ソーランド (国際復興支援プラットフォーム ナレッジマネジメントオフィサー)

    パネル討論&質疑応答
    モデレーター:井口正彦

    14:35–14:50 休憩

    14:50–16:35 セッション2: 強靭な都市作りに向けた地域の取り組み ~ 日本版SDGsへ向けて
    講演:

    • 高見隆 (兵庫県企画県民部防災企画局防災企画課長)
    • 斉藤容子 (人と防災未来センター 研究員)
    • 永田広和 (NPO法人プラス・アーツ 理事)
    • 島村守彦 (いわきおてんとSUN企業組合 理事)

    パネル討論&質疑応答
    モデレーター:草郷孝好 (関西大学社会学部 教授)

    16:35 閉会

    ※プログラムは変更になる可能性があります。

    参加登録

    入場は無料ですが、事前登録が必要です。参加のご登録は、左上のご登録ボタンからお願いいたします。

    本イベントは、環境研究総合推進費(S-11)「持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究(POST2015)」主催のもと、UNU-IAS 持続可能な開発のためのガバナンス プロジェクトの活動の一環として実施します。

  • ANAクラウンプラザホテル神戸 9Fローズマリー
    (〒650-0002 兵庫県神戸市 中央区北野町1)