万人のための気候教育と環境生涯学習の変革における高等教育の役割

,

イベント
関連ファイル
  • DATE / TIME:
    2022年9月18日    02:00 - 2022年9月17日    03:30
    場所:
    ニューヨーク

    本イベントは、2022年9月16〜19日にかけてニューヨークの国連本部で行われる「教育の変革サミット」(TES)の一環として、サミットに関連した支援を結集し取り組みを拡大する目的で、9月17日「解決の日」に開催されます。

    参加者は、教育のあらゆるレベルにおける、変革に向けた気候教育および生涯学習の取り組みについて議論します。本セッションは、2050年までにネットゼロ(温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする)を目指し、気候教育の主流化に向けた全社会的アプローチを実装するために、多様なセクターや主要なステークホルダーによる連携を強化する際の高等教育の役割に焦点を当てます。 本セッションの成果は、2023年に国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が新たに創設する気候変動に関するパリ協定専攻の大学院学位プログラムに活かされます。

    主な目的:

    • 学校および成人教育、地域における行動、産業界、国際機関などを含め、2050 年までのネットゼロに向けた気候行動への全社会的アプローチに関するハイレベルな対話の場を創出すること。
    • 加盟国および主要な高等教育機関による、世代を超えて社会全体に根ざした気候教育と生涯学習における関連政策や、有望な事例・取り組みの共有を通じて、全社会的アプローチを支援する重要な要因を探ること。
    • 国連大学の新たな大学院学位プログラムを、社会全体を牽引する気候教育に発展させるために、様々な分野間でのパートナーシップを確立すること。

    参加方法

    本イベントは、「教育の変革サミット」(TES)の参加者皆様にご参加いただけます。また、UNウェブTVにてライブストリーミング動画をご覧いただけます

    プログラム

    13:00–13:05 開会挨拶

    • シェン シャオメン(国連大学欧州事務所副学長、環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)所長)
    • ステファニア・ジャンニーニ(ユネスコ事務局長補)

    13:05–13:20 基調講演:カーボン・ネガティブについてブータンが世界に発信できること

    • カルマ・ガレイ(ブータン教育省大臣秘書官)

    13:20–14:05 パネルディスカッション

    第一部:2050年までのネットゼロに向けた気候教育と行動の変革における高等教育の役割
    第二部:気候教育と生涯学習へのそれぞれの全社会的アプローチに関する重要な成功要因

    • マルクス・ゴンザレス(スペイン大学省事務次官)
    • ユスフ・ナセフ(国連気候変動枠組条約(UNFCCC)適応部ディレクター)
    • メリッサ・ブラウン・ゴッダール(ペンシルバニア大学環境イノベーションイニシアチブ シニアディレクター)
    • ブリタニー・フェルメーレン(RCE西シドニー広域RCEユース・コーディネーター)
    • フィリップ・オサノ(ケニア ストックホルム環境研究所アフリカセンター センター長)
    • 山口しのぶ(UNU-IAS所長)

    14:05–14:25 質疑応答

    14:25–14:30 閉会挨拶

    • 林川眞紀(ユネスコEducation 2030ディレクター)

    登壇者プロフィール

    登壇者の情報は、こちらから閲覧・ダウンロードいただけます。

  • TES2022_UNUサイドイベント_パネリストプロフィール

    (99.0 KB PDF)