さまざまな仕事を通じて支えあう里海づくり

イベント
関連ファイル
場所
  • DATE / TIME :
    2017年6月10日    13:00 - 17:00
    場所 :
    東京

    UNU-IASいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)は、OUIK生物文化多様性シリーズ3「能登の里海ムーブメントー海と暮らす知恵を伝えていくー」の刊行を記念して「さまざまな仕事を通じて支えあう里海づくり」と題したシンポジウムを開催します。

    2011年に国連食糧農業機関(FAO)より世界農業遺産として認定された石川県能登地域の「能登の里山里海」においては、現在でも多くの住民が、里山と里海が隣接する地域ならではの「半農半漁」の生活を送っています。海と生きる伝統的な知恵を継承すると同時に、海と関わるさまざまな仕事をする人々はお互いに支えあいながら、能登の豊かな里海の環境、人情溢れる地域を維持しています。

    本シンポジウムでは、能登の里海を生業の場とする人々のほか、岡山県備前市日生、宮城県南三陸町志津川湾など、全国の里海づくりで活動する専門家たちと一緒に、里海づくりについて考え、議論する予定です。

    本イベントは、日本語での開催となります。
    当日のプログラムのほか、申し込みなどの詳細は、こちらをご覧ください。

    「能登の里海ムーブメントー海と暮らす知恵を伝えていくー」は、OUIK生物文化多様性シリーズの第三弾として、2016年10月に刊行しました。冊子の詳細は、こちらをご覧ください。

    主催:UNU-IASいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)
    共催:地球環境パートナシッププラザ(GEOC)、世界農業遺産活用実行委員会、能登地域GIAHS推進協議会(予定) 

  •  

    国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場(5F)
    〒150-8925東京都渋谷区神宮前5-53-70