UNU-IASにおける新型コロナウイルス感染症対策

ニュース
  • 2020年3月24日

     

    UNU-IASにおける新型コロナウイルス感染症対策
    UNU-IASでは、2020年2月25日付の国連大学学長およびUNU-IAS所長の勧告に従い、全職員が在宅勤務(テレコミューティング)を実施していました。現在は、シフト制の勤務体制に移行し、常に一定の人数以下の職員が建物内にて執務を行う形を取っています。このような状況下にあっても、UNU-IASはその任務を最大限果たせるよう、活動を続けてまいります。

    国連大学本部の建物
    新型コロナウイルス感染症拡大の抑制のため、UNU-IASが拠点を置く国連大学本部の建物(東京都渋谷区)への立ち入りは制限されています。現在訪問者の立ち入りはできません。国連大学本部建物を適切な時期に全面的に再開することができるよう、今後、この措置を慎重に検討していきます。

    新型コロナウイルス感染症対策チーム

    UNU-IAS新型コロナウイルス感染症対策チームは、日本の状況を判断し、UNU-IAS所員に助言を与える役割を果たします。本対策チームは少なくとも週に一度の頻度で会議を行い、その後所員に対し、必要な最新情報を適宜Emailもしくはオンライン会議の形で伝達します。

    在宅勤務(テレコミューティング)の実施
    UNU-IASでは、現在、在宅勤務(テレコニューティング)と国連大学本部建物内での執務を組み合わせる、シフト制の勤務体制をとっています。

    教育プログラム
    UNU-IASは、2020年4月以降は学生に向けてオンラインで講義を行い、研究に関する助言や事務的な業務を遠隔にて行う形を取って、本研究所の大学院教育プログラムを継続します。

    イベント
    UNU-IASにより既に企画されていたイベントは、今後通知があるまでは全て中止とします。また、UNU-IASは、所員および本研究所所属の学生が所内でイベント・集会を企画することを、今後通知をするまでは全て禁止します。

    出張
    業務に関連する全ての旅程は、国内外を問わず、取り消しとします。

    お問い合わせ
    UNU-IAS所員にご用の際には、各所員に直接お問い合わせください。各署員の連絡先はUNU-IASウェブサイト上「所員」ページよりご確認いただけます。UNU-IASへのご意見·ご質問は、UNU-IASウェブサイト上「お問い合わせ」ページよりお送り下さい。

    健康管理上の留意点
    手洗いを頻繁に行い、手を清潔に保ち、手で顔を触らぬよう留意してください。人混みは避け、咳·くしゃみエチケットを実行してください。

    さらに詳しい新型コロナウイルス感染症対策に関する情報は、厚生労働省ウェブサイト世界保健機関(WHO)神戸センターウェブサイト 国際連合広報センターウェブサイトからご覧ください。

    UNU-IASにおける新型コロナウイルス感染症対策最新情報に関しては、引き続き、本UNU-IASウェブサイトおよびソーシャル·メディア(FacebookおよびTwitter)での情報発信をご確認ください。

    国連大学全体としての新型コロナウイルス感染症対策に関しては、国連大学ウェブサイトをご覧ください。