JSPSフェロー、博士論文で賞

ニュース
  • 2017年9月19日     ポーランド

    UNU-IASのリザンヌ・グルエンJSPS-UNUポスドクフェローは9月5日、ポーランドのクラコフで開催されたUACES(The academic association for contemporary European Studies)の年次会議に出席し、最優秀博士号論文賞(Best Ph.D. Thesis Award)を受賞しました。彼女は博士論文で、気候変動および生物多様性に関する多国間交渉におけるEUの有効性についてまとめました。

    グルエン博士は、UNU-IASでは、低炭素技術移転プロジェクトのメンバーとして、さまざまな国のエネルギー技術に関わる政策について研究しています。