環境専門誌『つな環』に寄稿:気候変動対策と教育&地域レベルにおける取り組み

, ,

ニュース
  • 2021年10月5日

    UNU-IASのコンサルタント、フィリップ・ヴァウター博士は、「気候変動対策と教育」をテーマに、2021年9月に地球環境パートナーシッププラザ (GEOC) が発行する環境パートナーシップ専門誌『つな環』・第38号に寄稿しました。

    『つな環』は、持続可能な社会を達成するための環境パートナーシップについて国内外のさまざまな取り組みに関する知見を提供する専門誌です。UNU-IASは、本誌「Global View」の特集ページにて、気候変動対策と教育についての研究者の視点と、2021年5月に持続可能な開発のための教育(ESD)プロジェクトが出版した事例集地域レベルにおける気候変動対策:グローバルRCEネットワークにおけるESDプロジェクトに関する解説を寄稿しました。

    記事の詳細は以下のリンクよりご覧いただけます(日本語のみ)。

    • 「気候変動対策と教育」記事の詳細についてはこちら
    • 「地域レベルにおける気候変動対策」記事の詳細についてはこちら 。

    『つな環』38号の全ページへのアクセスは、こちらのリンクをご利用ください。