UNUが国連生態系回復の10年に参加

, ,

ニュース
  • 2021年12月10日     東京


    国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、2021年11月25日、国連大学(UNU)が国連生態系回復の10年に、協力機関として、またベストプラクティスタスクフォースの新しいメンバーとして加わったことを発表いたします。

    このパートナーシップは、人々と自然の利益のために世界中の生態系を保護し、再生させていくための、非営利団体や民間団体が推進する世界的な運動です。2021年から2030年にかけて、国連環境計画(UNEP)と国連食糧農業機関(FAO)の主導で行われます。

    この10年間は​​、SDGsを補完し、持続可能な実践と研究を世界中で共有できるプラットフォームを作ることにより、生態系の劣化を防止、停止、逆転させるためのツールをコミュニティに提供します。

    UNUは協力機関として、生産ランドスケープやシースケープの持続可能性、水管理、大都市地域における都市計画への保全と生物文化的価値の統合など、幅広い分野での生態系回復のための研究と能力開発において、積極的な役割を果たします。

    FAOが主導するベストプラクティスタスクフォースは、能力開発の取り組みや資本化、自然再生に関する優良事例の共有と普及など、この国連の10年の知識要素の形成に焦点を当てています。

    国連生態系回復の10年の実施を支援するために、ベストプラクティスタスクフォースは生態系回復のための10の原則を作成しました。これらの原則は、回復を担う人々をガイドするだけでなく、効果的な回復への取り組みを定義します。

    国連生態系回復の10年と、世界的な #世代間環境回復 運動に参加する方法について学びましょう。

    生物多様性と社会に関する私たちの取り組み

    豊かな地球、および地球に支えられた命の営みを維持していくためには、生物多様性を推進するために速やかに行動することが必要です。 UNU-IASは、自然と調和した生き方を目指す行動変容を促進し、それをサポートするためのあらゆる変化を加速するため、人間と環境の関係を重視した立場に基づく問題解決を推進しています。我々の研究は、生産ランドスケープ・シースケープの持続可能な管理に焦点を当て、 ポスト2020生物多様性世界枠組を実現するためのエビデンスに基づいた情報を提供しています。 UNU-IASは、SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の事務局として、人間と自然の互恵関係を構築するために、世界中の279の加盟組織による取り組みを活用しています。また、技術的・制度的な能力開発活動を通じて、政府や他のステークホルダーによるランドスケープ・アプローチの活用の支援し、イニシアティブへの参加および包括的な管理を推進しています。