生物多様性保全と持続可能な開発における都市部の庭園の役割に焦点を当てたビデオシリーズ

,

ニュース
  • 2022年9月27日

    国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、生物多様性の保全と持続可能な開発に寄与する都市自然の役割に焦点を当てる、金沢市の伝統的な庭園を特集した新たなビデオシリーズを立ち上げます。

    UNU-IASのフアン・パストール・イヴァース研究員は、「これらの庭園は、都市自然の重要な一部です。」と語ります。これらの庭園は、地域の住民に自然環境とつながる空間を、そして地域の生物種には生態系を提供しています。『水がめぐるまち かなざわ』と題した本ビデオシリーズの第1章は、水を都市部の庭園における重要な要素と位置付け、金沢のまちの疏水と庭園を通じた水の流れが、いかに植物や動物の住処を維持し、住民の幸福(ウェルビーイング)に貢献してきたのか、を明らかにします。

    本ビデオシリーズは、生物多様性の保全、文化的価値の保護、温度調節など都市部の庭園がもたらす様々な恩恵への認識を高めるために、UNU-IASいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)によって実施されている持続可能な都市自然(SUN)プロジェクトの一環として立ち上げられました。

    パストール・イヴァース博士は、「より多くの人が金沢市の都市自然の重要性を正しく評価し、私たちの活動に参加してくれることを願っています。」と述べています。

    本ビデオは、UNU-IASの YouTubeチャンネルからご覧いただけます。