雨水貯蔵の最適測定による気候変動適応:都市の水の安全保障の新しいパラダイムに向けて

アウトライン
チーム
  • 開始日:
    2014年10月1日
    終了予定日:
    2017年8月12日
    代表機関:
    UNU-IAS
    進行状況:
    継続中
    種類:
    地球環境の変化とレジリエンス
    代表者 :
    Binaya Mishra

    気候変動により、強烈な降雨期と長期にわたる乾期という降雨パターンに変化し、都市の水量確保が難しくなることが予想されます。これにより、表面流出による雨期の洪水や、地下水不足による乾期の水不足のリスクが高まります。これらは都市化の兆候と似ていることから、都市化の過程で十分にテストされた、現地の雨水貯蔵測定を導入することにより、そのリスクを最小化することが可能です。本研究は、雨水浸透と貯蔵量測定を最適化することにより、アジア太平洋地域における都市の水の安全保障を改善することを目指しています。

    • Binaya Mishra Binaya Mishra Research Fellow
      Researcher
      Lecturer
      Project Manager
    • Srikantha Herath
      Lecturer